初めての精液検査。

婦人科の通院を始めたのは2016年の1月頃。

タイミング法を何回か実施しました。

超音波検査にて卵胞をチェックし,排卵日を予測⇒その付近で性交する 
というものですが,基礎体温もつけていて,恐ろしいほどに正確に生理が来る私にとっては,
自分で予測してるのと変わらないので,病院に行く意味が見いだせなくなってきました。

そんなこんなで何周期か過ぎ,全くもって妊娠しないので,精液検査を実施することにしました。
先生いわく,「一人産んでても,検査してみたら『あれ?』ってことはけっこうある」とのこと。

この病院では,自宅で採精⇒妻が病院に持っていく という流れでした。
仕事の都合などもあり,朝一で採精するように病院を予約。

そんなとき,タイミング悪いことに,主人の両親が泊まりにきました。
主人の両親は遠方暮らしのため,長期で泊まっていくことが多いのです。

こーいうときでない場合は,両親が寝ている間に旦那はこっそり処理(直接的に言うとオ○ニー)するのですが,
朝に採精しなければならないということで,起きているときにしなければならないという・・・。

一応一軒家で部屋があるので,こっそりしてもらいましたが,
子どももいるので,孫とたわむれるジジババの楽しそうな声をBGMに自慰,という
旦那にとってはとても落ち着かない行為をさせてしまうハメに。

その結果,精液の精子濃度がかなり低いという結果に・・・。
先生には人工授精を薦められました。
旦那は相当凹んでいました。
男にとっては,下半身関係のことが劣っているというのはものすごくショックなんだそう。

この時点ではまだ「自然妊娠したい」という気持ちが強かったので,
人工授精に進む前に,泌尿器科で精子濃度が低い原因を追究してもらう方を優先しました。

今思えば,さっさとステップアップしておけばよかった・・・という気もしています。

男性不妊の専門医がいる泌尿器科を紹介してもらうことになりました。

続く。

0 Comments

Leave a comment